欲望マーケット

男のための優勝メディア

ヨクマケ・メゾット

【パブスタ】彗星の如く現れたNEWナンパ スポット。パブリックスタンド完全攻略

飲み放題の店のヤレる率異常

どうもマケタ欲男(ヨクオ)です。

さて今回は
ヨクオが最近ハマっているお店
ナンパには絶対に欠かせないお店のご紹介です。

なかなかに激アツ案件なで刮目するべし

早速になるがその名も

パブリックスタンド (The Public Stand)

通称
パブスタ

名前くらいは聞いたことあるだろうか
都心のナンパでパブスタを利用しない手はない!!!
それくらい熱いところなんです。

どれくらい知っとかなきゃいけないかっていうと
明日花キララってめっちゃ可愛いAV女優がいる
ってことくらい大事な情報です。
(ひまだからこんどオススメAV女優ランキングでも作ろうかと思ってるヨクオ)

さっそくだが

パブリックスタンド (The Public Stand)詳細以後パブスタをご紹介。

では、イこう。

そもそもパブスタとは?!

2017年1月彗星のごとく現れた新たなナンパスポット
形態としてはスタンディングバー。
店内の雰囲気はオシャレでおついた内装。
外国風の店内でワインボトルなどが飾られてる印象。
hubと店内の色合いや雰囲気は似ている。

ドリンクのメニュー数も豊富で
簡単に今のパブスタを言うのであれば
「男女が気軽に出会って仲良くなれるバー」

出会いに飢えた男女が夜な夜な集う、
最新のナンパの聖地、ナンパバーとなっている。
恋人探し(パンパン目当て)
異性の友達作り(パンパン目当て)
ワンナイト相手(ゆうまでもなく)探しには
これ以上にないパンパンスポットなのだ。

料金・店舗情報などの基本情報

営業時間
基本
17時〜4時

料金(時間無制限飲み放題)
平日(月〜木、日)
女 1000円
男 3000円

金、土、祝前日
女 1000円
男 3500円
※税抜き表示

メニューこんな感じ

店舗数
10店舗(以下詳細)
・恵比寿店
・渋谷店
・歌舞伎町店
・歌舞伎町2号店
・六本木店
・銀座コリドー店
・上野店
・船橋店
・千葉店y
・阪急通り店

VIP席あり
平日 (月〜木、日)
1時間 3000円〜

金、土、祝前日
1時間 5000円〜

ドレスコードなし

荷物チェックなし

1人で参加可能

喫煙所のみでの喫煙可能

ここまでがパブスタの詳細である。

正直一度行ってみて欲しい。
百オナは一エッチしかず。

ちがった、
百聞は一見にしかずとよく言ったもんだ

しかしやっぱヤれるかどうか不安だろうから
以下ヨクオが思うパブスタのヤリヤリ魅力を伝えるのでご覧あれ

①無制限飲み放題

これは熱い
飲み放題ってさ
なんか飲み過ぎちゃわない?テンションあがっちゃわない?
これ全人類共通、女ももちろん共通

やっぱり男女の出会いに酔いは欠かせないそれを金額を気にせずに提供してくれる
パブスタ最高

ほかのバーだと酔わせるのにお金を気にしたり騒ぎすぎなど気にするけどパブスタだと
全く気にせずに酔えて酔わせてズッコンバッコン。
こりゃ失敬

②出入り自由

これも嬉しいポイント。
クラブいってて暑苦しかったり空気悪かったり疲れたりで外で休憩したいとかありません?
それが可能です。

クラブきた女の子にナンパしても
「今きたばっかりだからもうちょい楽しみたいの〜〜〜〜」
とか言われて外に連れ出せなかった経験ありません?
パブスタならいつでも戻ってこれるから
話が盛り上がったら

「出入り自由だから外でちょっとはなそ!おれの一服付き合ってよ笑」
とかいって外に連れ出しましょう

一回連れ出せれば女も勝手にロマンチックモードはいって親密感がましお持ち帰りの可能性はぐんとアップ

※際入場注意
必要なものが3点

1.入場時の半券
入場は券売機で券を買ってスタッフに見せて入る
その際のチケットを無くさずにとっておかないと際入場はできません
このようなチケット

2.LINE登録
パブスタの公式アカウントの友達登録が必須なため友達追加してるよーってのをスタッフに見せる必要があり、
つまり携帯の充電はしっかり保つように注意

3.スタンプ提示
入場の際にスタッフに手の甲に透明のブルーライトでひかるスタンプを押されます。
そのスタンプも提示が必要なので
手の甲を洗いすぎないように注意
(スタンプ消えると説明とかめんどいんでなるべくめんどくさいことは避けましょう)

③女の質、男女比

ヨクオ的には相席屋やハブよりも女の質はある程度高い印象

男女比もよく
6:4〜7:3くらいで
時々クラブにある女2割みたいな現象はまだヨクオは体験してない

女の質がいい理由として考えられるのは

まずある程度女もお金を払ってる。
相席屋や、ハブや婚活イベントなどと違って女もある程度お金を払ってる分

ただの奢られにきてる妖怪クソビッチブスが紛れ混んでない。

シンプルに種類も豊富で店内の雰囲気もいいから女友達とお酒飲みにきた!って子も混ざってる
(と、いいながらもナンパもまんざらではないって奴ら)

この2点から女の質がある程度担保されてると考えられる。

④店舗数

都内に7店舗あり7店舗それぞれ雰囲気や客層が違うので飽きない。

都心でいける範囲のパブスタすべて制覇したらそれぞれの比較記事も書くのでお楽しみに

ちなみにその日にどこの店舗行こうって迷った場合公式ホームページの
「SHOP」の欄にそれぞれの店舗の入りの
状態がパーセントで書かれてる。

それをチェックして店を選ぶのもあり。

ちなみに店舗を変えたい時は
1000円を違う店舗で払うことで入っちゃうことも
可能という最強さ

盛り上がりが渋かったりバスしかないかったら
1000円で店舗の移動もあり

⑤割引

ノーマルの料金でも安い!という印象を受けた人もいるかもしれませんが
(クラブは基本朝までで3000円でワンドリンクとか、相席屋は1時間で3000円とか)

パブスタは割引があります
それは『ハッピーアワー』というもので

19時までに入店したら1000円オフ
つまり平日は2000円で楽しめちゃう。
最強やん

2000円でパコれるって、、、
CPM(コスト、ぱんぱん、まんまん)
が下がりますね〜〜

しかも19時からいないといけない訳ではなく
先ほど言ったとおり
『出入り自由』
なので19時までにとりあえず一回入店して安く入ります。
そしてそのあととりあえずご飯行ってもよし、飲みに行ってもよし

これは便利な割引

⑥店内の雰囲気

店内の女の質はさっきも話しましたが
シンプルに店の雰囲気もよく音楽はあるが
うるさすぎず普通におしゃべりできる程度

しかもかかってる音楽良い
めちゃくちゃ有名なほとんど人は知ってるみたいなクラブミュージックがメインなので
そこでも盛り上がれるし話しも弾む

男に関してもまじのギャル男みたいなのが少ない印象。
あと意外にも外人が少なくハブで外人がちょっと怖い、、みたいな人にも圧倒的にオススメ。

 

ここまで魅力や特徴を話してきたが

最後に軽くヨクオ的おすすめの時間帯の楽しみ方をご紹介

まず絶対19時前に一回チェックイン
ちゃーんとハッピーアワーで安くはいる。

よくおはちなみ誰一人として女を逃したくないので基本店から出ません。
※普通は一回出てご飯など食べてください

パブスタと特徴としては21時くらい23時むけてめちゃくちゃ人が増えます。

その時間が勝負
すべての性欲を爆発させて女を口説きましょう
声のかけ方がわからない人はこちらをチェック

23時半を超えてくると終電もあり人が2割ほど減る

ここが自分との勝負。
23時までの時間にお持ち帰りができたのあればそのあとは最高のぱんぱんを楽しむだけ、
仮に

まだ相手がいない場合

24時以降もいる女は終電をなくしてる可能性が高いのでヤれる確率もめちゃくちゃ高い

しかしそうなると自分の終電も捨てることとなる。

「君に終電を捨てる覚悟はあるかい?」

DT君
「でも疲れるし、、終電捨てたところで絶対ヤれるわけじゃないんだろ、、そんなの迷っちゃうよ〜〜!」

『おい!!!
迷ったら…望みだろ…!
望みに進むのが 気持ちのいい人生ってもんだろっ…!
仮に地…地の底に沈もうともだっ…!』

そうして
ヨクオは必ず終電を捨てるのであった。

後悔したこと?

あるわけねーだろそんなもん。

、、おわり

皆様がパブスタで最高の女をゲッドして最高のパンパンを生み出すことをお祈り申し上げます。

今回も長く詳しく語りましたがズボンおろし読んでくれてありがとうございました
今後もなるべく詳しくひんぱんぱんに配信していくのでぜひぜひ

夢は世界平和。
ではおやすみ、いい夢精しろよ(=´ω`)ノ

ヨクオ

2 コメント

  1. 太宰治

    ええ記事や。
    ほんまええ記事。
    こういう記事書ける男なんやから、よくおはんは本当におもてになるんやろなぁ。

    • ヨクオ

      太宰さん初コメントありがとうございます。
      これでコメント童貞を卒業することができました。
      これからも日本が世界に誇るヤリチン大国とするため日々精進して参りますので
      引き続きよろしくお願いします。

返信を残す コメントをキャンセル

Theme by Anders Norén