カルーアミルクしか頼まない女
抱けない率高め

どうもマケタ欲男です。

さて今回は
東京クラブ事情第2弾!

基本情報から特徴、テクニックまでをご紹介!
では!!

V2 (六本木)

六本木のドンキ前にあるロアビルの最上階にある高級感あふれるクラブ!
景色がすごい

V2の名前の由来は、、
V2 = V×V = VERTEX × VERTEX
=
最上×最上
この上ないものを目指すというところから命名された。
コンセプトは
「世界のセレブリティの支持を得ながらTOKYOを最上にすること」
日本が世界から遅れることのないように六本木ロアビルの最上階に輝き続けるとのこと

ってめっちゃかっこいいコンセプトですがナンパの量は日本一(笑)
人気がすごく週末は1時以降になるとロアビルの目の前にものすごい長蛇の列が出来ており、
これだけ行列ができるクラブは珍しい

そんなしゃれおつでナンパも絶えない大人気のV2のご紹介

基本情報
住所
東京都港区六本木5-5-1 ロアビル13階
(ドンキ前にあるロアビルの最上階です)

料金

2ドリンクつくのは嬉しいところですね〜
そしてなんと女性完全無料。。。そりゃ女の子集まりますわ

営業時間 22時から5時まで

キャパ
700程度

男女比 6:4

客層
男性23~30くらい
女性20~30

ワンフロアのみ

※V2注意事項※
V2の注意点としては3つ!

①一人では入れません
中で友人が待っていると伝えても入れません!
入る時は必ず揃ってから入るように!
(V2 が唯一1人で入ることができません)

②ドレスコード
公式HPには
当店の雰囲気にそぐわないラフな服装
(ハーフパンツ、タンクトップ、ジャージ、
スウェット、サンダル・刺青)の方は御入場をお断りさせて頂きます。

と、記載されており他のクラブよりドレスコードが厳し目です!

③コインロッカーがすくない
盛り上がってくる1時以降はロッカーがほぼ埋まっている
なので荷物は最低限に抑えることをおすすめ

長時間並んで1人だから入場できない!
ドレスコードがだめで入場できない!
大きい荷物をもったままナンパ!
なんて悲しすぎるのでここは要注意です。

入場までの流れ
まず入り口でならびます。
そこで人数を聞かれ、IDチェック、ボディチェックが行われます。
チャックをおえると同意書をわたされます

いろいろ書いてありますが問題になくサインしちゃって大丈夫
紙をもらって進むと奥にボールペンとテーブルがあるのでそこで記入

ボールペンもおしゃれ。。。

書き終わったらエレベーターで最上階まであがります
そこにまた受付があり
同意書をわたして
お金を払い入場というながれ!!

注意事項は
しっかり同意書に名前をかくこと
お金は上で払うのでそれまでお金の準備はエレベーター降りてからで十分

では気になる構造を

構造詳細
中に入るとまず目の前に長い廊下が広がっている
さらにはいってすぐ左手にトイレがある!ここだけなので覚えておきましょう

バーカウンターになっていて会場内にはバーカウンターは2つありこことDJブースの隣である。

ここを進むとメインステージということで
真ん中にでかいお立ち台がある!

お立ち台を中心にみんな踊りめちゃくちゃ盛り上がる
普通のクラブではDJブースの前に人がたくさんあつまり盛り上がるものだが
V2ではDJは淡々と曲を流し、DJの方を向いてる人はほぼいない
他のクラブとは違うV2の特徴のひとつ

お立ち台ですが上がれるのは女性のみ!!!
もしくはV2が用意したダンサー!
たまにハンサムで筋肉質な外人ダンサーにナイスバディをした女性外人ダンサーが登場し、迫力あるダンスを繰り広げることも

一般の男性が上がるとスタッフにかなりきつめに引き釣りおろされるので注意

お立ち台の周りが基本VIP席になっているので席が空いていても座らないように注意
一発退場の可能性も

とにかくV2はスタッフの一般客への対応がめちゃくちゃ悪い(笑)
ですが怒ったりするともちろん一発退場なので
かわいい女の子たちを集めてくれてV2様に感謝という気持ちを忘れずに我慢しましょう

それかいつかVIPをとって雑に扱ってやるかですねw

V2でのよくおナンパテクニック

V2で勝つにはしゃべり!!
他のクラブと違い客層的にも落ち着いていて
高確率で話をちゃんと聞いてくれることが!!

さらに構造を説明しましたが
入ってすぐのお立ち台までの廊下にはスピーカーがなくわりとしずかで
ふつうに話せます!!!

流れとしては
廊下でナンパするもよし!
さらにお立ち台付近で盛り上がってる子に一緒にお酒飲もうと廊下のバーカウンターまで連れ出します

そこでお酒を片手に話しこむのみ!!
珍しく廊下のスペースは止めっていてもスタッフに怒られることはないです!
他のクラブでは黒人スタッフにひたすら進めと誘導されがち(笑)

時間帯としては2~3時ごろから話し始めてそっから
そとで飲みなおそうと誘うイメージですね!!

他のひたすら音楽かかっていて盛り上がり続けているクラブではどこか顔重視で判断されますが
V2では面白さと財力勝負!!!(顔があるに越したことはないですが)

最低でも二杯くらい誰かにおごるモチベーションで行きましょう!
ちなみにドリンクの値段は
700~900円ほど

みなさんにもV2での最高なお持ち帰りと最高のぱんぱんをお祈り申し上げます。

今回も長く詳しく語りましたがズボンおろし読んでくれてありがとうございました
今後もなるべく詳しくひんぱんぱんに配信していくのでぜひぜひ

夢は世界平和。
ではおやすみ、いい夢精しろよ(=´ω`)ノ

よくお