ブスの友達はブスとは限らない

どうもマケタ欲男(ヨクオ)です。

 

出会いが欲しくてたまらない今日この頃。

 

みなさんはどんな方法で出会いを生み出しますか?

周りにいる女性にアタックしますか?

それとも合コンを開催しますか?

 

しかしこの二つはめんどくさかったり、周りの目を気にしたりと
いろいろ大変ではないでしょうか。

そん時に出てくる二つの選択肢があります。

それは

「マッチングアプリ」

「街コン」

です。

 

お金をかけて出会いを求めるこの二つの選択肢。

ここで疑問が生じます。

 

『マッチングアプリと合コンどっちが良いのか??』

 

正直何を「良い」とするのかは人それぞれです

なので今回は項目の比較や、それそれのメリット、デメリットをまとめてみました。

是非今後の出会いの選択肢の参考してみてください!

ではイこう

 

料金の比較

やはり出会いとして料金はかなり気になるポイントになるのでないでしょうか

安く会えるに越したことはないですよね

 

まずマッチングアプリの料金はこちら

平均的に

長く利用すれば安くなります。

 

ですので利用月日で一概には言えませんが

マッチングアプリは

 

月3000円~3500円といえるでしょう。

 

次に街コン。

いろいろ調べてましたがイベントの開催曜日、開催時間、規模によって金額はピンキリですが。

どんだけ安くても4000円。

マックス高くて8000円程度。

全体的にみたところ金・土・日の夜のパーティーで

 

「6000円~8000円」

 

が多かったですね

これくらいが平均の街コン一回の料金となる。

単純に金額だけ見ると

マッチングアプリの方が安く感じますね

 

出会える確率、人数

出会いを求める人にとって

本当に会えるのか。何人と会えるのか。

重要なポイントでしょう。

 

そこの比較で言うと

街コンにかんしては

 

出会える確率は100%。

 

当たり前ですよね。(笑)

女がいない街コンなんてすぐさまイベント中止しろって話です。

でもこれがいいところ。

お金さえ払えば必ず女と出会えます。

人数で言うとパーティーの規模次第ですが

すくなくとも10人。

多くて30人くらいと出会えると思ってもらって大丈夫でしょう。

LINEなどの連絡先も平均でそのうち半数くらいと連絡先の交換ができると思ってもらって大丈夫

 

それに対してマッチングアプリ

出会える人数は未知数。

 

正直出会いはゼロかもしれません。

 

そんなリスクもあるのがマッチングアプリ。

出会える人数もひと月でどんだけ頑張っても5人くらいか限度。
(毎週末はマッチングアプリの女と会うっていう生き方ですね。すげえ)

今までの経験上リアルな数字を考えると

月に0~2人が平均だと考えていいでしょう。

比較的に11月~1月は会える確率は高まります。

 

会える女の特徴

上記では圧倒的に街コンの方がで出会いがよくていいな~

って思うかもしれませんが、出会いはやっぱり

 

「質」

 

も大事ですよね

 

そんな女の質である特徴についても比較

「マッチングアプリの女」

まずマッチングアプリの女は会う前にある程度顔がわかっている。

これはでかいポイント。

 

自分の許容範囲だから会おうと決めたんですもんね。

 

しかし98%の女は盛れるアプリを使用しているため注意が必要だ。

 

あとマッチングアプリの女は

なかなか怖くて会いたがらない。

しかし出会えるという女は

会う前のチャットや電話で仲良くなり、かなりの関係値を築ぎあげている状態だ。

会ってからもスムーズに話すことがで盛り上がるだろう。

楽しいひと時を過ごす可能性がかなり高い。

 

 

「街コンの女」

街コンの女の欠点は会う前に顔を見ることができないことだ。

 

つまり会う母数は多くても全員ブスと全員デブと可能性もある。

(さすがに全員が、っていうケースはほぼないと思いますが)

 

且つ完全に初対面の相手のためはじめましての会話のため

趣味が合わなかったりして盛り上がらないなんてことは

 

ざらにある。

 

しかしもちろん母数は多いので意気投合する女と出会う確率もある。

 

これが女の特徴だ。

ここで気になるが

 

「ぶっちゃけどっちがお持ち帰りしやすい?」

 

ってところだ。正直な疑問だ。

 

その観点でいうなれば圧倒的に

 

マッチングアプリだろう。

 

これは入口の手ごろさと関係値が関係してくる。

今回の記事は男目線で話したが女目線で見るとマッチングアプリは完全無料だ。

無料で気軽にかなりの男とつながることができる。

 

それに対して街コンは実際にお金を払って時間を取って会いに行く。
なかなかの入り口のハードルの高さ。

 

この高さを乗り越えてくる女はヤリマンよりシンプルに付き合う相手がいなくて焦っている奴だ。

加えて上記でも述べたが

会う時の関係値が圧倒的にマッチングアプリの方が出来上がっている。

関係値が浅いとの深いの、どっちがお持ち帰りしやすいかは一目瞭然だ。

 

 

求められるスキル

女との出会い。

どっちの方法でのやはりスキルが必要である。

スキルにも色んなスキルがある。

 

まず街コンに必要なスキルは

 

「コミュニケーション能力」

 

なにも繋がりや接点がないところからの突然のスタート。

対面のコミュニケーションスキルがないと

つまらないと思われ

他の男に負けてしまう。

それが街コンだ。

逆に対面のコミュニケーションスキルに自信がある方に向いているだろう。

 

 

次にマッチングアプリに必要なスキルは

 

「忍耐力」だ。

 

長く丁寧にトークを進めて関係値を作り上げないとマッチングアプリでは会うことはできない。

すぐに

「会おうよ!」

「今度のもう!」

なんていっても絶対無理だ。

忍耐もってあえて会いたいという単語を使わずに仲良くなる。

むしろ相手から会いたいといってくるまで待つ。

それこそが必要な力だ。

 

おすすめのツール紹介

 

マッチングアプリ、街コンともに数えきれないほどのサービスがある。

そんな中でヨクオのおすすめを紹介。

 

オススメマッチングアプリ

ヨクオの一押しはマッチングアプリは

『Pairs(ペアーズ)』です。

理由としては昔から、2012年からやっている古参で運営も安心できる。

規模も国内最大級で累計会員数800万人を突破しているレベル。

しかもサクラがいない月額性課金なのでそこも安心できます。

なにかマッチングアプリをやってみたいという人はペアーズからスタートするのが正直無難です。

詳細はこちら

オススメ街コンサービス

ヨクオ一押し街コンサービスは

『Rooters(ルーターズ)』です。

理由としてはこちらも古くからやっていて実績もあるから。

今年で13年目になり年間6,000本、総動員数25万人ほどの実績をこなしている。

街コンは男女と場所さえ用意すればできちゃうようなビジネスで参入障壁のない事業で
倒産している会社も少なくない。

そんな街コン業界で13年目に差し掛かる且つあれほどの数を年間こなしているのは冷静にすごい。

しかも街コンの種類やジャンルも豊富でどれに参加しようかドキドキわくわくしてしまう。

詳細はこちら

 

 

総括

マッチングアプリも街コンもどちらもそれぞれメリットデメリットが存在する。

以下にまとめてみた。

【マッチングアプリ】

・安い

・誰にも会えない可能性あり

・月に会える人数は0~2人

・相手の顔がわかる

・会えたら盛り上がる

・お持ち帰りの可能性あり

・忍耐力が必要

 

 

【街コン】

・マッチングアプリより高い

・必ず会える

・10人~20人一回で会える

・相手の顔はわからない

・盛り上がらない可能性もある

・お持ち帰りの可能性低め

・コミュニケーション能力が必要

 

 

何を重視するかは人それぞれですのでこの特徴を参考に是非一度挑戦してみてはいかがでしょうか

二つを簡単に例えるとするならば

マッチングアプリは

金塊が眠っているかもしれないという無人島にいくようなもの

 

 

街コンは

必ず当たるが当選額は少額な宝くじを買うようなもの

 

 

どちらを選ぶかは

 

あなた次第。

 

 

 

 

今回もご愛読いただきありがとうございました。

また違う記事でも会えたら嬉しいですね。

それではまた

ヨクオ