間接照明とイルミネーションを使いこなして初めて男だ

どうもマケタ欲男(ヨクオ)です。

 

冬に欠かせないデートスポットと聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?

間違いなく色んな人が口にするであろうスポットがある。

それは

 

「イルミネーション」

 

そんな冬限定のイルミネーション。

 

毎年本当に多くの人がこぞって通い、

都内にもイルミネーションスポットが大量にある。

目的にも色んな目的があると思う。

カップルのデート、

女友達との観光、

女といい感じになりたい

いい感じになりたい

お持ち帰りをしたい!

 

 

イルミネーションを紹介している人はたくさんいる。

「きれいだったよ~」

とか

「最高のデートスポット♡」とか

 

しかし

 

 

ヨクオはそんな視点とは全く違う、

イルミネーションで女といい感じになりそのままお持ち帰りを狙う。

ズバリ!

 

「お持ち帰り型都内のイルミネーションについて」

 

解説していこう。

どんな条件のところがいいのか、どうやって誘うか、どこがオススメか

徹底解説。

ではイこう

 

 

お持ち帰りに何故イルミネーション?

そもそも、なぜイルミネーションに行くべきなのか。

メリットがないと意味がないそんなイルミネーションに女を誘うメリットをまとめてみた

 

メリット①安い

圧倒的コストパフォーマンス。

むしろ無料で楽しめてしまうのがイルミネーションだ。

もちろん遊園地のように課金しないといけないイルミネーションもあるが

都内のほとんどの有名スポットは入場料などない。

メリット②必然的に夜に会える

タダなのに楽しめる。そんな最高なことありますか?

イルミネーションの特性上、当たり前だが夜じゃないとやっていない。

暗ければ暗いほどきれいなのがイルミネーション。

昼間の明るい時間で解散する心配がなく

お持ち帰りに確率が高まる夜へと

二人を誘ってくれる。

イルミネーションの醍醐味のメリットともいえるだろう

 

 

メリット③綺麗でいいムードに

イルミネーションで絶対忘れてはいけないこと。

そう!!

イルミネーションイルミネーションは「綺麗」なんです

そこのあなた。
心がすさんでしまってイルミネーションがただのLEDライトに見えてしまっているかもしれませんが

女からしたらとても綺麗で幻想的で、

そんなイルミネーションを見ている自分が可愛くてしょうがないのです。

幻想的できれいな空間に包まれる二人。

いいムードになるに決まっているだろう。

 

メリット④周りがカップルだらけ

上記で述べた通り綺麗でいいムードになるのは間違いないが

プラスの相乗効果をもたらすのが

 

周りのカップルたちだ。

 

イルミネーションではカップルだらけでそいつらはイチャつきまくっている。

そんなイチャつきに囲まれると不思議と私たちもイチャイチャしても問題ないじゃないかという錯覚を起こすのだ。

 

そんな疑似恋愛イチャイチャ錯覚も利用することができるのがイルミネーションの強みだ。

イルミネーションにはこのような様々メリットがある

行く価値しかないだろう

 

 

イルミネーションの誘い方

女の知り合いはいるがイルミネーションにどう誘えばいいかわからない。

そんな悩みが出てくるだろう。

 

もちろん正攻法のように

 

「今度〇〇のイルミネーションいかない?」

 

って誘ってもいいと思いますが

 

ヨクオのおすすめは

会う日だけ決めて、会う直前に思い付きのようにイルミネーションを提案する。

 

ド直球にイルミネーションからデートの提案すると

 

「こいつ私のこと口説こうとしているのか?」

 

なーんて思われてしまう。

これだと断られたときには傷つくし、OKが出たとしても向こうは付き合う気で来てしまう。

今回の趣旨を思い出そう。

 

あくまでも「お持ち帰り」をするためのイルミネーションだ。

 

付き合うための告白抜きで考えよう。

今回のポイントは急に思いついたかのような提案だ。

たまたま今回お互いヒマだからイルミネーションに行こう!

みたいな流れにしよう。

 

「あー。そういえば今年イルミネーションまだ見てないから行っちゃう?」

「イルミネーションどうせ無料だし都内にあるから軽くいってみよう!」

 

ベストは電話こんな感じに誘うこと。

 

このように急な思い付きのテンションで誘うことにより、

もし断られても居酒屋とかの提案の流しやすいから傷つくことも少ないし、

相手が告白をまってドキドキみたいなリスクも回避できるから最高だ。

とにかく、計画を見破られることなく、急を装い誘うのがイルミネーションのお持ち帰りへと

近づくのだ。

 

お持ち帰りに向いているイルミネーションの特徴

イルミネーションからお持ち帰りするための本題へと入ろう。

 

今回のお持ち帰りのプラントとしては下記流れを基準としている

「イルミネーション→居酒屋で飲みすぎて→ホテル」

 

これを踏まえてお持ち帰りに向いているイルミネーションとは何かを考えてみた結果の特徴を下記にまとめた。

①綺麗

 

当たり前ポイントになってしまうがそもそも綺麗ではないと

女はトキめいたりしない。

近年のイルミネーションのブームで女の目も肥えてきている。

最低限の女から

「すごい~。綺麗~」

という言葉が出るくらいのクオリティは担保するようにしよう

 

②短時間で見れちゃう

 

これもお持ち帰りにはとても大事なポイントだ。

あまりにイルミネーションに時間がかかってしまうと

女側も満足してしまい居酒屋にはよらず帰宅という選択肢が出てきてしまう。

1時間以上全部を見るのにかかってしまうようなイルミネーションは絶対NG。

おすすめは15分~30分くらいで見終わっちゃうところ

綺麗だったがせっかく化粧もしておしゃれもしたのに15分の外出じゃ物足りないと思わせるのだ。

これにより自動的に居酒屋へと運ぶ流れを生み出すことができる。

「めっちゃ綺麗だったけど意外と短かったね(笑)
せっかくだしどっかご飯でもいく?」

これでいっちょ上がりだ。

③無料

 

上の2番とかぶるところになるが

この無料も大事なポイントだ。

無料のイルミネーションであれば

遊びなのにも関わらずお金が全くかかっていない状態をつくることができる

高額なお金を払うともうこれ以上使いたくないという心理が働き、

イルミネーションのあとに居酒屋に誘っても断られるリスクが生まれてしまう。

 

お金をまだまったく使ってないし居酒屋くらいいいよ!!っという財布のひもも緩めることになり

居酒屋に来てくれる率はぐんと上がるだろう。

しかも自分の節約にもなるし

 

④都心

 

お持ち帰りに必須なのがやはり居酒屋とホテルだ。

イルミネーションを調べると

 

「よみ〇りランド」や「東京ド〇ツ村」

 

などが出てくるが

そんな田舎にいった後に居酒屋に行けますか??

答えは無理です。

お店もホテルもないし

行きかえりの時間で女も満足してしまう。

都心のアクセスもよくお店もたくさんあり、
ホテルもある。

そっちの方が確実にお持ち帰りの可能性が上がります。

 

⑤おしゃれ過ぎない町

 

これも意外なポイント。

イルミネーションといえば〇の内のイルミネーションなんて想像されがちですよね。

たしかにめちゃくちゃ綺麗。

 

町がものすごいおしゃれだから。

 

そんなおしゃれな街は飲食店もこじゃれている。

お持ち帰りのポイントして相手を酔わせることも重要となってくるが、

そんなこじゃれたワインを嗜むような店ではお持ち帰りは少し難易度と金額が上がってしまう。

東京駅のようなおしゃれすぎる大人な街はやめておこう。
(めちゃくちゃ綺麗なんで普通に行くのはおすすめします。)

 

とにかくイルミネーションお持ち帰りポイントしては

「時間もお金もお店も女に満足をさせない」

これがポイントなのです。

 

都内のお持ち帰りにおすすめイルミネーション

上記に述べたポイントがすべて上手く合致するイルミネーションをご紹介

Baccarat ETERNAL LIGHTS-歓びのかたち-

HPアドレス:https://www.enjoytokyo.jp/shopping/event/716750/

アクセス:JR恵比寿駅東口からは動く通路「恵比寿スカイウォーク」で約5分

開催時期:2018/11/03(土・祝)~2019/1/14(月・祝)

コメント:恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーションだ。

花男の撮影地にもなったところでその話をしてもいいかも

ミッドタウンクリスマス

HPアドレス:http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/xmas/

アクセス:http://www.tokyo-midtown.com/jp/access/public-transport/

開催時期:2018/11/03(土・祝)~2019/1/14(月・祝)

コメント:歩く距離感などは丁度よくて最高だ。

メインのところはシャボン玉演出などもあり盛り上がる。

 

青の洞窟 SIBUYA

HPアドレス:http://shibuya-aonodokutsu.jp/

アクセス:渋谷駅・原宿駅・明治神宮前駅・代々木公園駅・代々木八幡駅

開催時期:2018/11/03(土・祝)~2019/1/14(月・祝)

コメント:ここはヨクオおすすめ最高のポイントだ。

やっぱりお持ち帰りは渋谷に限る。

イルミネーションお持ち帰り総括

 

とにかく

「イルミネーション→居酒屋で飲みすぎて→ホテル」

この流れをちゃんと意識した行動をしましょう。

ヨクオのおすすめスポットもいいが

流れをしっかり自分に置き換えて考えれば自ずと行くべきところが思いついてくるでしょう

 

注意事項としてこの時期の女はどうにか彼女に成り上がろうという行動をとってくる。

 

イルミネーションはそんな女と事故を起こしやすい場所でもある。

 

なのでしっかり誘い方、誘う相手を見極めて自己なくお持ち帰りを成功させましょう!

お持ち帰りという最高のプレゼントがサンタからあることを祈っておきます。

 

 

 

今回もご愛読いただき有難うございました。

また違う記事でもお会いできたら嬉しいです。

ではまた

ヨクオ